私は大学卒業後に働きだした頃はとても痩せていて、特に22歳の時には身長164センチで49キロほどしかありませんでした。

それが結婚後2人の子供を出産し、更年期に差し掛かった45歳になるとみるみる太ってしまい、64キロにもなってしまいました。

太ってしまった理由は運動不足などいろいろあると思いますが、中でも一番の理由はケーキや甘いパンなどの食べ過ぎだろうと思っています。

子育てが落ち着いてきて少しづつ手が離れはじめると、それまでの不自由な生活の反動からかあちこち食べ歩くようになり、雑誌やテレビで美味しいと紹介されたパン屋やママ友か
ら聞いたケーキ屋などをあちこち訪れては買って食べるという生活を5年ほど続けて気づいたら64キロまで太ってしまいました。

ダイエットを行う事を決意したきっかけと、あなたの当時のダイエット全般に関する知識

自分でもこれまで着ていた洋服が次々ときつくなって着れなくなっていくので、そろそろ何とかしなくてはいけないなと思ってはいましたが、なかなか甘いものが止められませんで
した。

ところがある時体調を崩し、ストレスも重なって胃の痛みが激しくなって病院へ行って検査をしたところ、胃の潰瘍や脂肪肝が見つかり、甘いものなどの食生活や運動不足の生活習
慣を改善しなければもっとひどくなると医師に言われて、このままではさすがにいけない、これを機に食生活を改善しようと決心したのが私のダイエットを行う決心をしたきっかけ
です。

それまでもスムージーを飲むだけのダイエットなどテレビや雑誌で紹介されたダイエット法は色々試してみたことはありますが、どれも長続きせずあっという間に挫折してしまって
いました。

今回は体重を減らしてスタイルを良くするのではなく、生活習慣から改善して健康的になるのが目的だったので、食生活の改善に役立つ情報を仕入れようとさっそく書店へ行って本
を買ってきました。

ダイエットの中で最も効果があった方法

私が実践したダイエットの中で最も効果があった方法は糖質制限ダイエットというものでした。

もともと胃の調子を悪くしたのも、糖質の取りすぎで胃に負担をかけていたことが原因の一つだと言われていたので、糖質を制限するのは胃にも肝臓に溜まった脂肪にも効くのでは
ないかと思い、この方法を試してみることにしました。

ダイエットのやり方はシンプルで、糖質を摂取するのを極力制限するというものです。

まずはパンや甘いドーナツ、クッキーなどの小麦粉でできたお菓子類をいっさいやめました。

どうしてもおやつが食べたい時は、おからでできたクッキーやドーナツを少しだけ食べました。

それに加えて、食事の時の米も茶碗の半分以下に減らしました。

珈琲や紅茶に入れる砂糖もいっさいやめて、甘いものは極力取らないように注意しました。

それと同時に軽い運動も心がけて、毎日30分は近所をウォーキングするようにしました。

こんな風に生活を改善したところ、1ヶ月半位の期間で心なしかウエスト周りがゆるくなり、体重を量ってみたら3キロの減量に成功していました。

これまでどんなダイエットをしても続かず、減らなかった体重がこんな短期間で減ったのが嬉しくて、しかもきつかったズボンもゆるくなり、効果が目に見えてきたので、これから
もこの方法で頑張って体重を減らして健康的な体を維持するようにしていきたいと思っています。