シミ、そばかすが出てきたのはティーンエージャー下になってからです。大学生になりメーキャップをするようになってから頬に大きなシミができて考え込むみたいようになりました。はじめて消せないものかと出荷薬や食事療法などを見つけ出したりもしました。
中学生、高校の間は洗いの下部十分な肌のケアを通していませんでした。シミやそばかすもなかったし、美白にも断じて、驚愕がありませんでした。洗いのツボも粗末でメーキャップ水や乳液とも無縁だったように思います。そうして一番後悔しているのが日焼け天王山においていなかったことです。シミ予防には必須なのに塗り置き忘れる事柄などちょいちょいでした。これがシミ、そばかすの一番のトリガーだ。
シミ対策としては、基本的な事ですが洗いのツボやその後の処理を丁寧にする事は常々気をつけてある。洗顔するときの水の気温や洗いチャージ、洗うときの手加減はより大事だと思います。グングンメーキャップ水や乳液もさすが自分に当てはまるもののほうがスキンの順調ように思います。また出かける際は太陽光がたいしてきつくないお天道様も露出して掛かる部分に日焼け天王山をたっぷりとつけるようにしています。またスキンに良さそうなビタミンやコラーゲンなど飯や水物で積極的に摂取するようにもしてある。こういう力かシミやそばかすも最近はあまり見られません。
大きめのシミができたときに薬屋で売っていたケシミンクリームを使用しました。当時まったくティーンエージャーだった為か、1カ月も使っているって思い切り薄れました。その後も目立ったシミを見つけるとクリームにおいてある。生まれを重ねた現在では昔のように直ちに効果が生じるわけではありませんが、根気よく塗り続ければ薄れていく認識が得られます。料金はちょっと張りますが、これで消えてくれるなら少ないものです。現在ではクリームの他に呑む類の薬も出ているので機会があれば試したいだ。

キミエホワイトプラス