はぁ、また海外で、惨事的情報がなされました。
自分、この手の内容を探るたびに、精神がきゅっとなる。
そして、概ね何も手立てが付けられずこのことばかりにくぎ付けになりみたいに・・・。

遠く離れた海外で起った点、けど、それはもしや、人たちにもふりかかったかもしれないお話・・・。
この国は、背景も年季も、見方も、国際的な身元も、また違うのですが。

でも、自分にとってはとっても身近な国々だったので衝撃でした。
そんな時、普段から見てたSNSWEBでまたあの美術家が話題になっていて。
私のように落ち着かない方々が、オススメされてた曲があって、私もその曲を聞いているとなんとなく、滅法落ち着いた気持ちになったというか・・・。
また競争が自然のパワーが安らげる周辺を奪って
眠れずに要るあなたに発言などただ儚く
痛散湯
沈んだ目論見が崩れた望みがいつか過去に変わったら
自分は、いったい今までこういう曲が何のことを言ってるのかまるっきりわからない気がして、何が注目ソングです、と言いたい心境なったこともありました。

ボーカルの奴の所感が結構きれいで、それが心地よかったので、本心歌詞のメリットまできちんと把握できていなかったのですが。

も、詳細に、昨今なにかひっかかってある機嫌がどっとあふれだしそうな歌詞がちりばめられていて、なるほどなぁって今さらですが、感動したりしてある。

残念ながら、毎年慣習のミュージック祭はなくなってしまうが、でもこういう曲、今となっては、強く思えるようになりました。