最近サプリメントの主成分として注目されているのがグルコサミンです。
なぜなら、グルコサミンには軟骨を形成し、すり減った軟骨を再生してくれる働きがあるからなのです。

膝肘などの関節痛といえば、だれでも思うのは年を加える事によって誰でも多かれ少なかれ痛みが発生すると思われますよね。
軟骨のすり減りこそがその原因の1つであると言われています。
関節の中で軟骨が骨と骨の間のクッションとなり、曲げたり伸ばしたりする動作をスムーズにできるようにという働きをしています。
しかしこの軟骨がすり減ることで、このような動作に支障が出、痛みが出てしまうのです。

さっき話したことを覚えていますか?グルコサミンはサメの軟骨の主成分の1つです。
本来であれば、グルコサミンは人間の体内で作られます。
しかし加齢などが原因で新陳代謝が落ちることにより、必要な量が作り出せなくなってしまうのです。
ですから、積極的に意識して摂取しようとしている人が増えている訳です。

このように、グルコサミンは関節痛に対しての効果や効能が主に注目されています。
そんな中で、サントリー健康科学研究所からおもしろい実験結果が発表されました。

この実験はひざ関節の能力の低下だけではなく、健康な歩行に必要な筋肉の重要性にも観点を向けています。
ひざ関節と筋肉に有効な成分を摂取することで、どのように症状が変化していくのかということを調査したのです。

数ある成分の中で調査の対象として選ばれたのが、関節に対してはグルコサミン、コンドロイチン、コラーゲン、筋肉に関してはイミダゾールペプチド、ケルセチン、ビタミンDです。三大成分コンドロイチン、

グルコサミン、コラーゲンと聞くと何を思い浮かべますか?関節に効くということで有名です。
それに加えて筋肉を形成するのに役立つとされる成分を摂取することで、より健康的な脚力が取り戻せるのではと示唆されたのでしょう。

ご年配になっても自分の力で元気に歩きたい方はぜひ役立ててくださいね。
痛散湯

グルコサミンやコンドロイチンももちろん人気ですが、同じように健康や美容成分として注目されているヒアルロン酸も人気があります。
もし興味があるのであれば、このようなサプリメントを試してみられてはどうでしょうか?